任意整理・特定調停

任意整理では、債務者から依頼を受けた弁護士または司法書士が債権者に受任通知をします。この受任通知には、債権者の取り立てをストップさせる効果があります。次に債権者に対し取引履歴の開示請求をします。取引履歴とは言葉通り債権者と債務者の金銭のやり取りの記録であり、それを基礎に引き直し計算を行います。引き直し計算とは、違法な利率による返済を適法な利率により計算しなおすことで、これにより債務者に過払い金が返還されます。通常は元本返済に充当されることになります。つぎに、利息や遅延損害金の免除減額の交渉です。合意が成立したら任意整理はとりあえず終了であとは新たな契約に従い借金を返済していくことになります。大体3年で完済になるような契約が多いです。手続自体の期間は3か月から6か月です。

特定調停では、債務者が簡易裁判所に特定の債権者との調停を申し立てます。費用は債権者1社につき約千円と低廉です。簡易裁判所は申立てに伴い、調停委員を選任します。そして、債権者と債務者との間に調停委員が間に入り和解交渉が始まります。合意が成立し調停調書を作成して特定調停は終了です。期間は3か月から6か月です。任意整理も特定調停も債権者との交渉があるので期間はなかなか読めません。交渉が決裂することももちろんあります。