一人で債務整理?

債務整理って言葉を聞いたことありますか。聞いたことがなくても大体のイメージはつくと思います。借金の返済ができないので法律的に借金を減らしてもらうための手続です。後ろ向きの言葉ですが、借金が減ると思えば前向きな言葉であるとも言えます。

債務整理には、4つの手続があります。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産です。任意整理は特定の債権者と直談判します。特定調停でも同じですが、裁判所で調停という形をとります。個人再生はすべての債権者を相手に一気に借金額を減らします。裁判所で行います。自己破産も裁判所で行いますが、裁判所の許可のもとすべての借金を免除してもらいます。特定の債権者の借金だけを免除するというのは無理です。

一応4つの手続すべて個人で出来ます。ただし、任意整理と個人再生は現実的に不可能に近いです。まず、任意整理は裁判所を利用しない手続であるので、債務者と債権者が直接話し合うことになります。債権者が債務所の言い分を聞いてくれるでしょうか。うまく行かないのは明らかであるといえるでしょう。次に個人再生です。これは裁判所主導で全債権者を相手にするため、とにかく手続が複雑です。裁判所に数多くの書類を提出し不備があれば修正していかなければなりません。債務者が自力でやろうとすると裁判所は手続をスムーズに進めたいので再生委員というのを債務者に付けます。その費用がおよそ20万円で、再生委員はほぼ弁護士です。

特定調停と自己破産であれば何とかできます。特定調停は、もともと個人が特定の債務者との間で債務の減額を交渉するために作られたシステムで、個人が弁護士を付けずに利用できるような制度になっています。ただし、債務者との合意を取り付けることができない場合も多く、また、不利な内容で合意に至ってしまうこともあります。また、特定調停で作られた調停調書の意味を分かっていない債務者も多いです。調停調書さえあれば債務不履行のときすぐに差押手続に入ることができてしまうのです。

個人でやるには自己破産が一番いいかもしれません。自己破産は書類集めと書類作成が主な作業となります。面倒くさいですが個人でできないことはありません。ただ、自己破産してもよいのかどうかという判断は難しいです。

結局のところ、すべての手続で弁護士に相談した方がよいということになりそうです。